永久脱毛なら医療レーザー脱毛

永久脱毛なら医療レーザー脱毛

レーザー脱毛とは、特定の波長の光を使ってムダ毛の毛根を熱し、毛母細胞を変性させて毛を生え無くさせます。

医療機関で行われている処理方法は、医療用のレーザーを使用し、黒い色素のみに集中する特殊なレーザー光線をムダ毛の毛根部に当てることにより、皮膚にダメージを与えることなく、毛根と毛包を焼灼して発毛をさせなくします。

フラッシュ(光)脱毛と原理は同じですが、高い出力のレーザーを当てるのは医療行為になるので、医療機関ではないエステサロンでは一定の高さまでしか光を出力することは許されていません。

このため、医療レーザー脱毛のほうが、脱毛効果が高いということになります。

医療用レーザーによる脱毛の特徴は、1回に広い範囲を短時間で処理できることです。ワキなら1回の照射は5〜10分程度で済みます。また、痛みもニードル(電気針)脱毛よりも軽く、短時間ですむというのがメリットですね。

レーザー脱毛のデメリットは、皮膚の色が黒く、毛の色が薄いと毛が熱くなる代わりに皮膚を温めてしまい、火傷を起こすことがあります。

このため、日焼けした肌へのレーザー脱毛は行いません。また、手の甲などの毛の色が薄いムダ毛処理にも、レーザー脱毛は不向きだといわれています。

また、レーザー脱毛は毛の黒い色に反応するので、自己処理で抜いた後の毛穴には作用しません。レーザー脱毛をしたい場合は、生えている毛を浅く剃ったくらいがちょうど良いようです。



 

サイトマップ