医療機関で行うレーザー脱毛と注意点

医療機関で行うレーザー脱毛と注意点

医療機関が行うレーザー脱毛は、脱毛サロンの光(フラッシュ)脱毛と原理は同じですが、照射するレーザー(光)の種類はかなり異なります。

レーザーの方が強いのはもちろん、光が拡散しないために、照射した箇所は熱をもちやすく、火傷などのトラブルになりやすいため、レーザーを扱えるのは医療機関に限定されています。

このように、医療機関でしか受けられないレーザー脱毛は、脱毛の効果が高いため確実に脱毛をしたい人にはお勧めです。

これは、皮膚科などのクリニックにエステサロンが併設されていて、医師の判断と指示のもとで脱毛などを行うものです。医療機関で施術すると言う安心・安全と、エステの美容技術を持ち合わせているのが、今注目のメディカルエステなのです。

肌の不調や、脱毛に伴う各種トラブルにも医師が素早く対応してくれるため、安心感も強いですね。

今時のクリニックは、昔のように無機質な病院という雰囲気はなく、高級サロンのようにオシャレで、通いやすいところが多くなっておます。

レーザー脱毛は、エステサロンの光脱毛より痛みが強く、熱く感じる人が多いようです。特に痛みに弱い人は、塗布するタイプの麻酔薬を使ってくれるクリニックもあるので、相談してみましょう。

敏感肌で刺激に弱い人も、事前のカウンセリングでしっかり説明を受けましょう。もし、試しにワンショット照射してくれるクリニックがあれば、痛みなども含めて確認しておくと良いでしょう。

なお、レーザー脱毛は肌を乾燥させるので、施術後の保湿ケアは非常に大切です。



 

サイトマップ