ベッドの大きさ

ベッドの大きさ

ベッド選びの基本は、自分にぴったりのサイズを選ぶことです。ゆっくり体を休めるには、自分の体に合ったベッドサイズを確認し、一番合ったベッドを見つけましょう。

■シングルベッド(195cm×97vm)
シングルベッドは、6畳以下の部屋、ワンルーム、あるいは、1人部屋でベッド以外のスペースが欲しい場合に適しています。また、2台並べると、キングサイズ(幅180cm)よりも広いベッドとして使えますし、2台を離してツインとしても使えます。

■セミダブルベッド(195cm×120cm)
セミダブルベッドは「ダブル」という言葉が入っているため、2人用のベッドと思いがちですが、実際は、1人で使うのが正しい使い方です。寝返りをうっても下に落ちることはありませんので、安心して寝ることができます。

■ダブルベッド(195cm×140cm)
シングルベッドは幅97cmですから、シングルベッド2台分の幅はありませんので、大人2人がゆったり寝るにはサイズが足りません。高級ホテルのように、1人で大の字になってゆったりと眠りたい方にお勧めのサイズです。

■クイーンサイズ(195cm×160cm)
広々としたベッドで、パートナーと2人でゆっくり快眠したい方にお勧めのサイズです。邪魔せず、邪魔されず、毎日が高級ホテルのように快眠し、贅沢な目覚めを迎えることができます。

■キングサイズ(195cm×180cm)
ベッドとしては最も広いサイズで、パートナーと寝てもお互いの眠りを妨げることはなく、ゆったりと眠れます。また、大人2人と小さなお子様が寝てもまだゆとりがある広さです。

■ロングサイズ
普通、マットレスの長さは195cmですが、身長が高い人だと、枕を置くと足元の余裕がなくなり、場合によっては、脚がベッドからはみ出してしまうこともあります。
しかし、ロングサイズは207cmもありますので、その心配はなく、ぐっすりと寝ることができます。

 

サイトマップ