ベッドの選びのコツ

ベッドの選びのコツ

高価なベッド=自分にとっての最適のベッドではありません。広い寝室がある家と、畳6畳分のスペースしかないワンルームマンションとでは、最適のベッドは異なります。

■狭い部屋を有効活用した場合は「折りたたみベッド」か「ロフトベッド」
部屋が狭いため、ベッドのスペースは出来るだけ少なくしたい場合は、「折りたたみベッド」か「ロフトベッド」がお勧めです。
折りたたみベッドは文字通り、折りたたむことが出来るベッドですので、夜寝るときに取り出し、使い終わったら部屋の片隅に置くことができるので、部屋を有効に活用でできます。また、移動も簡単ですので、湿気やカビ対策にも有効です。
ロフトベッドは部屋をコンパクトにまとめ、ゆったりとしたスペースを確保したい方にお勧めです。机が一体となっているタイプや、本棚などの収納が一体となっているタイプと様々な種類があります。

■収納がたくさん欲しい方には「収納ベッド」
チェストベッドは、収納引き出しが付いた収納ベッドで、小物用の収納がたくさん欲しい方にお勧めのタイプです。
リフトアップベッドは、大きな荷物を収納したい方にお勧めのタイプで、小さな押入れと同じくらいの収納力がありますので、自分好みに仕切りを付けて使うことが出来ます。

■ソファーとベッド両方欲しい方には、「ソファーベッド」か「脚付きマットレス」
ベッドは必要だしソファーも欲しい。でも、この両方を置くスペースがないとお悩みの方にお勧めです。簡単にソファーとベッドの切り替えが出来ます。
本格的なソファーが欲しい方は「ソファーベッド」を、部屋をシンプルにすっきりさせたい方には「脚付きマットレス」がお勧めです。

■部屋をシンプルにしたい方にお勧めの「脚付きマットレス」
シンプルな作りが人気のベッドです。ヘッドボードやサイドボードが付いていないため、使い方次第ではソファーのような使い方が出来ます。
普段はベッドとして使うが、ソファーとして使いたい時は、クッションを合わせて使うと、よりソファー風脚付きマットレスになります。

 

サイトマップ