ベッドパットの役割は?

ベッドパットの役割は?

人間は一晩にコップ1杯分の汗をかくと言われておりますが、ベッドパットは、この汗を吸収すると共にクッション材としての役割があります。また、体温調整などの重要な働きをします。

スプリングマットレスの本来の役割は、背骨を支えることにあり、このため、マットの詰め物は最小限で良く、クッションや体温調節の役割は、ベッドパットに求めるべきものです。

もし、クッションや体温調節の役割をマットレスに内蔵した詰め物に求めてしまうと、通気性を低下させるだけでなく、マットそのものの『へたり』を早める原因になる場合があるからです。また、相性の悪いマットレスに当たった場合は、買い換えないといけなくなることもあります。

しかし、後で敷くベッドパットであれば、体調や季節の変化に応じて変えることによって対応することが出来ますし、例え、ベッドパットがへたったとしても、そのベッドパットを交換するだけで良いので、経済的です。

さらに、洗って干せるウォッシャブルタイプのベッドパットであれば、衛生面でも安心です。

 

サイトマップ